野菜ソムリエの資格を取る

野菜ソムリエに求められる能力

野菜ソムリエの資格は、活用方法によって求められる能力は異なります。

 

自分のため、家族のためなど、暮らしの身近な範囲内であれば、それほど高度な能力は求めらないでしょう。

 

野菜や果物の魅力、栄養に関する知識など、学んだことを食卓に反映させるだけでもかなり違います。

 

しかし、野菜ソムリエの資格を活かし、対外的に何かをする場合には、求められるものが多くなるのです。

 

野菜ソムリエという肩書きがあると、周囲からは野菜や果物に精通している人として扱われるでしょう。

 

そのため、自分の中にあるノウハウやアイデアを、相手に伝える能力が求められることになるのです。

 

このような能力が求められるのは、スーパーやレストランの店頭で説明する場合や、商品の企画や開発に携わる場合など、状況が変わっても同じ事なのです。

 

一般に知られていることが分かる程度では、期待や要求に応えることは困難でしょう。

 

野菜や果物の産地、栽培方法、品種、形、味、栄養といったように、ありとあらゆることを問われる可能性を想定しなくてはならないのです。

 

さらには、野菜や果物の特徴だけでなく、料理方法や安全性に関することなどの説明ができるようでなくてはいけません。

 

これらの情報を自分の言葉で伝える能力を、常日頃から磨いておく必要があるでしょう。

 

そのため、資格を取得するだけで満足せず、勉強を継続することが重要なのです。

 

また、新しい情報に触れるだけでなく、それを応用できる能力が求められていることを頭に入れておいた方がよいでしょう。

野菜ソムリエに求められる能力関連エントリー


野菜ソムリエに関する知識や資格の取り方をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 野菜ソムリエ資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

野菜ソムリエに求められる能力