野菜ソムリエの資格を取る

野菜ソムリエになるルート

資格取得から、野菜ソムリエとして実際に働き始めるまでのルートを紹介しましょう。

 

野菜ソムリエの資格を取得するためには、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会主催の養成講座を受ける必要があります。

 

養成講座を受けるだけで資格を取得できるというわけではなく、試験を受けなければなりません。

 

無事に合格することができれば、野菜ソムリエとして活動する道が拓けることになりますが、気を付けなくてはいけない点があるのです。

 

野菜ソムリエの資格には3種類のコースが用意されているのですが、どれでも好きなコースを選択できるわけではないのです。

 

初級の「ジュニア野菜ソムリエ」、中級の「野菜ソムリエ」、上級の「シニア野菜ソムリエ」のコースがあり、まずは必ず初級を受ける必要があるのです。

 

初級に合格すれば中級に挑戦できるようになり、中級に合格すれば上級を目指せるようになるといった流れです。

 

実際に野菜ソムリエとして働くにあたって、協会やそのグループ企業が提供している求人情報を利用する方法が、選択肢としてあるでしょう。

 

これまで募集されていたのは、店頭デモンストレーション、レシピ開発、イベントアシスタント、コラム執筆、セミナー講師、商品開発、広報活動など、様々な分野があります。

 

仕事の内容だけでなく、募集要項(応募条件、応募方法、応募期限、その他の注意点)を確認した上で、申し込みましょう。

 

また、この方法によらない場合、求人情報などを調べ、野菜ソムリエを募集している企業など、有資格者の優遇制度を設けている企業などを探すことになるでしょう。

野菜ソムリエになるルート関連エントリー


野菜ソムリエに関する知識や資格の取り方をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 野菜ソムリエ資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

野菜ソムリエになるルート